Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

Stylish Life@Shinichiro Diary

ENEOSでんき
10
2018  01:08:49

口癖は幸せを連れてくる!

立春とは申しますが、まだ寒さ厳しき日が続いていますね。

しかし、梅のつぼみがほころぶ季節となりました。

そんな早春を感じる今日この頃です。


さて、唐突にお聞きしますが、習慣のようになっている言葉(口癖)はありますか?

たとえば、独り言や何かの話題を話している会話の途中でよく使ってしまう単語です。


もし、あるとしたら、それはボジティブなものでしょうか?

それともネガティブなものでしょうか?


自分の場合は、なるべく明るい肯定的なポジティブな言葉を使うようにしますね。

暗い話題やネガティブな話を聞いていても、自らそれに合わせて暗い言葉や否定的な言葉は控えます。


何故なら。。。

自ら発する言葉が再び『それを、もう一度言わなければならない状況を連れてくる』からです。


日本では一般的に霊的な力が言葉に宿ると信じられ、これを「言霊(ことだま)」と呼んでいるそうですね。そして、森羅万象がこの言霊によって成り立つとも言われています。


だから、「つまらない」、「辛い」、「苦しい」、「悲しい」、「面白くない」などの単語をよく口癖のように使っていると、そんな言葉を使わなければならない状況しか自分の周りやってこない。


自ら発する言葉で、そんな状況を作り上げているのではないでしょうか?


だから、どんな辛い状況でも、明るい前向きな言葉しか使わない。


前述の逆パターンで明るい前向きの言葉、例えば「うれしい」、「楽しい」、「幸せ」なんて言葉を口癖にしているとそういった状況も、自分次第で創造することができると思い込んでいます(笑)。


たしか、同じようなことを誰か(たぶん有名人)が言っていたと思います。

誰か、思い出せませんが(笑)。。。


結論から言うと、自分は言葉には魂が宿ると考えています。

魂の宿る言葉を自分で操り、そして、自分を取り囲む状況もその言葉によって、良くも悪くもなると。。。


さて、もう一度、伺います。

あなたは、習慣のようになっている言葉(口癖)はありますか?


もし、あるのなら、ネガティブな言葉でなく、ポジティブな言葉を使ってみてください。


口癖のように「うれしい」、「楽しい」、「幸せ」という単語を騙されたと思って、使ってみてください。どんな辛い時でも。。。


きっと『それを、もう一度言わなければならない状況を連れてくる』ことができるはずですから。。。



誰がなんといおうが、本人が「有り難い、幸福だ」と思っていたら、不幸はありえない。

だから幸福は、心が生み出すきわめて主観的なものなのだ。

‐中村天風(日本初のヨーガ行者)

スポンサーサイト

 ちょこっとDiary!

0 Comments

Leave a comment