FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

Stylish Life@Shinichiro Diary

ENEOSでんき
04
2017  23:36:00

書籍の出版を控えて(第三弾)~プロモーションについて

もう、3月ですね。

春とはいっても朝夕はまだまだ冷え込みますが、みなさん、お元気にされていますか?

こちらは、花粉症と戦いつつも、日ごとに暖かさを感じていますよ。


さて、初校入りの小説の原稿が出版社から次々を自宅に届けられている状態です。

これから、地道に原稿のチェックを繰り返す日々が続くのかと。。。


出版社の編集担当からも別途、本の表紙のデザインやサブタイトルなど提案を受けて色んな案を出し合いながら書籍の外枠についても検討している状態です。


現状では、サブタイトルもほぼ決まり、後はブックデザイナーの仕上げた本の表紙案を待つばかりですね。表紙のデザインについては、事前に自分がフォトショップで作成したデザイン案を出版社に送っていますので、自分の意向に合わせたデザインにして頂く予定ですが、デザインに関しては、どんなデザインができるか楽しみである一方で自分が作ってもいいかなとも思っています。


表紙のデザインもそうですが、通常、書籍を販売していく上でプロモーション戦略もこれから進められていきます。


どんなものかというと。。。

新聞広告や市場調査を開始し、パターン配本と呼ばれるその書籍のターゲット層を分析した上で戦略的・効果的な流通配本を行い、出版社とその特約店、主に日本全国の紀ノ国屋、ブックファースト、ジュンク堂、丸善、などの書店に展開します。


メディアへのプロモーションとしては、書籍のカタチが見えてきたらPR先のリストアップを出版社が行います。そして、刊行後はプレスの配信と出版社のHPやSNSで紹介をしていくとのこと。


新聞広告、雑誌、TV、WEBの提案も上がって来ていますが、自分のブログやTwitterでもそろそろ、告知していきたいな。。。


というか、もう告知しているか?(笑)


ところで、本を書籍として書店に配本する場合、「帯」と呼ばれるその本についてのキャッチコピーや著名人の推薦文などが刷られた紙が本の表紙の一番下を覆うようにベルトのように巻かれています。


今回、あるアーティストさんにその「帯」の推薦文を書いて頂けないか、出版社を通して依頼して頂きました。


作品のあとがきにも謝辞を入れる予定でしたが、事後報告という形を取りたくなかったので、断られることを前提でお願いしてみましたよ。


まず、その作品の中で登場するヒロインの女の子は、そのアーティストさんのある楽曲をイメージして描いています。小説の内容自体も自分で言うのもなんですが自信を持って紹介できる力作ですよ。


さてさて、その依頼を出版社からアーティストさんの事務所にコンタクトを取って頂いた結果。。。

まず、そのアーティストさんと所属する事務所の代表に自分のラフゲラと呼ばれる初校の原稿を読んでいただけることになりました。


自分の原稿を忙しいスケジュールの間に読んで頂いて、とても感謝しています。


それだけも大変申し訳ないのに、出版社側に先方から具体的な内容(何文字くらいでどのように、など)前向きな返答を頂いていると連絡がありましたよ。


後は、出版社側とそのアーティストさんの事務所側との条件面の詰め交渉となるようです。

自分に取っては、夢のような展開ですね。

もっと、具体的にお話ししたいのですが、いずれもっと夢のある内容をお話しできればと思います。


今、自分の前に奇跡に向って伸びていく細い道が続いているように感じます。

そんな道をこれから、自分とこのブログやSNSで繋がる人達と大きく頑丈なハイウェイに構築していきたいですね。。。


今日もこれから、「B-blood」を聴きながら原稿チェック!


Each one of us has a fire in our heart for something.
It’s our goal in life to find it and to keep it lit.

誰の心にも、何かに向かって燃える火があります。
それを見つけ、燃やし続けることが、私たちの人生の目的なのです。

by Mary Lou Retton (メアリー・ルー・レットン/米国の元体操選手、ロス五輪金メダリスト)

スポンサーサイト

 ちょこっとDiary!

0 Comments

Leave a comment