FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

Stylish Life@Shinichiro Diary

ENEOSでんき
30
2016  21:48:29

お弁当屋さんで「いってらっしゃいませ」!

ご無沙汰です。

公私共に忙しく、中々ブログのアップもTwitterも呟きがないまま、気づけばもう10月ですよね。

季節の移り変わりの速さに驚く、今日この頃です。

今年もあと3ヵ月かと思うと年々、月日の流れが速く感じますね。


このまま、もし長生きできたとして、10年後、20年後には1年が今の1日くらいの感覚になってしまうのか?


まぁ、その頃には、ボケて生きていることすら気づかないかも(笑)。


さて、昨日、家で嫁さんから聞いた話です。

彼女は、ある弁当屋さん(とても有名で全国展開している)で「のり弁当」を購入すべくレジ前に行くと、そこには外国人(男性)の店員さんが接客していたそうです。


まだ、日本語に慣れていないらしく、たとたどしい言葉で接客してきました。

たぶん、「いらっしゃいませ」と言っているようですが、嫁さんには理解できず「?」と...

不安な表情になる彼。


正直、何を言っているのか、わからなかったそうですが、「そうだよね、日本に来たばかりだし」ということで、一生懸命に接客しようとしている彼に免じて、そのまま注文へ。


彼女は「のり弁当をください」と言ったのですが、今度は彼にそれが通じない...

しかし諦めずにメニューを指さして、やっと理解してくれたそうです。


「まぁ、仕方ないか」と思いながら注文を終えて、数分待つことに。


やがて、「のり弁当」が出来上がり、再度、たどたどしい日本語で呼ばれ、「たぶん、私かな?」と思い、番号札を出して、その「のり弁当」を受取ました。


レジの彼も、ひと仕事が終わり、安堵の表情を浮かべていたそうです。

そして、最後に笑顔で自信タップリに使い慣れた日本語を...


嫁さん曰く「たぶん、ありがとうございました!と元気よく言いたかったと思うんだけどね...」と言って、苦笑い。


彼女がそのお店で帰り際に言われたその言葉は


「いってらっしゃいませ、ご主人さま!」


と言われたのでした。


たぶん、彼は秋葉原で日本語の特訓をメイドさん相手に日々送っているのでしょうね(笑)。

今度、自分も行ってみよう!

スポンサーサイト

 ちょこっとDiary!

0 Comments

Leave a comment