FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

Stylish Life@Shinichiro Diary

ENEOSでんき
21
2016  19:31:16

井上昌己さんのフリーライブで嫁さんとの攻防戦!

自分としては、納得できずに改めてブログで告白!


7月9日(土)成城コルティにて井上昌己さんのフリーライブに行って来たのですが、その時に嫁さんとちょっとした攻防戦がありました!


常々、Twitter上で昌己さんの応援フライヤーを作る事に批判的だった嫁さんですが、6月に昌己さんのマンスリーライブで購入した「MELODIES2」を聴いて以来、昌己さんの楽曲に興味を持ち始め、嫁さん自ら「昌己さんのフリーライブに行ってみたい!」と言うようになりました(笑)。


まぁ、ここまではいいのですが...


さて、そこで冒頭の成城コルティで行われるフリーライブに成城学園駅まで行った訳ですよ。


そこで、計2回のライブを聴いた後、かねてより購入しょうと思っていた「MELODIES1」と「回想録 ~ Calling 90's ~」を予定通り、購入しました。

そして、楽しみの「直筆サイン」頂くために列に並んで順番待ちしていたのですが...


一緒に順番待ちで並んでいた嫁さんが「私も昌己さんのサインが欲しい」と言い出し、自分の持っていた2枚のアルバムから「回想録 ~ Calling 90's ~」を取り上げられてしまいましたよ。


自分「ちょっと、それはないだろ!あなたは、いつから「井上昌己」のファンになったのですか?」

嫁さん「いいじゃない!ファンが増えて、昌己さんや事務局も喜ぶわよ!」


という口論と攻防戦の後、CDを強奪されました。

CDを取り返す暇もなく、すぐに順番が来て昌己さんと嫁さんの楽しいそうな会話が目の前で展開されていました。


昌己さん「今日は、ありがとうございます!」

嫁さん「とっても、良かったです!これにサインをお願いします!」(そう言って、自分から強奪したCDを差し出す)

昌己さん「お名前を入れますか?」

嫁さん「ハイ! 名前はXXXXXと入れてくださ~い」

と言って、自分の名前を「回想録 ~ Calling 90's ~」に書いてもらってました(悲)。


嫁さんと昌己さんは、年齢も同じで会話も弾んでましたね。

そして、昌己さんに握手してもらい嬉しそうでしたよ(怒)。


その後、自分も同じようにサインと握手をしてもらったのですが、嬉しさ半分、悔しさ半分という感じでしたね。

帰宅後、早速にCDを聴いたのですが、良い楽曲が沢山あって聴きごたえがありましたね。
特に「回想録 ~ Calling 90's ~」は、いろんなアーティストのカバー曲を集めてたCDで、ひと味もふた味も違った内容に大満足です。


しかし、嫁さんの名前入りのサインが入ったCDジャケットを見る度、複雑な思いが...


A diplomat is a man who always remembers a woman’s birthday but never remembers her age.
社交家とは、女性の誕生日はいつも覚えていながら、彼女の年齢を忘れてしまう人のことだ。


Robert Lee Frost(ロバート・リー・フロスト)
- アメリカの詩人/ピューリッツァー賞を4度受賞


スポンサーサイト

 Dear artists~素晴らしきアーティストへ

 ライブ 井上昌己

0 Comments

Leave a comment